社員のパフォーマンスが期待と違ったときに考えるべきたった一つのこと!

あなたのご訪問に感謝です!
人事・労務を通して地域産業の振興に貢献する
群馬県の社会保険労務士 大河内です!

さあ、本日もアウトスタンディングで参りましょう!!

ビジネスが軌道に乗ってくると社員(アルバイトなど)を雇用するようになります。

ではそもそもなぜ社員を雇うようになったのでしょうか?

まず雇用の理由を考える

それは自分の仕事を減らして、あなたしかできない、別の仕事をするためではありませんか?

ではなぜ、ビジネスの拡大が必要だったのでしょうか?

それは拡大することであなたの当初目標が達成できるとお考えになったからではありませんか?

それはビジネスを立ち上げた当初の目標達成(理念)の為です。

その理念の実現のために拡大が必要となり社員を雇用したわけです。

あなたが見えているのは一部だけ

しかし、その雇用した人が当初期待していたパフォーマンスと異なることがございます。

そんな時、大抵は「失敗したな」と感じて、そのまま放置したり、もしくはその社員をコントロールしてあなたの目的に沿うようにしようとします。

例えば、「どこどこへ営業行け!」「○○をしろ!」と言って。

関わらなければそれだけ、スキルが上がりません。

それではますますパフォーマンスが低下します。

それに、人は誰でも他人からコントロールされたくはないものです。

社員をコントロールしようとすればするほど抵抗されるでしょう。

目に見える抵抗、見えない抵抗などさまざな抵抗が問題となり、あなたの頭を悩ますことになっていきます。

社員について私たちが見ているのはその社員の一部でしかありません。

例えば、その社員が嫌いでも、その方には家族があるかもしれません。

その社員はあなたにとっては価値が無くても、家族にとってはかけがえのない人なのです。

社員の一部だけ切り取って見ているにすぎず、しかも、その一部は自分にとって都合が良い部分です。

それでけを見て判断するには少し尚早すぎやしませんか?

すくなくとも、自分は正しいと思っているあなたの直感で採用した方です。

あなたのその直感はその時点では間違いはなかったはずです。

面接は直感勝負です。

ある会社で、発達障害があると本人も会社も知らずに営業で雇用しました。

しかし、どうもいろいろ問題が生じます。

そこで数字に強い拘りがあるということに気が付き、経理をお願いしたところイキイキと働いてくれるようになりました。

そして、しばらくしてその方に発達障害があることがわかりました。

この会社はこの方に居場所を見つけました。

この時、営業で雇用し、営業ができないことにこだわっていればおそらく解雇になったことでしょう。

しかし、こうして居場所を見つけたという結果を見れば、もし、解雇をしていれば会社、ご本人の両者にとって不幸な結末です。

まとめ

ではどうするのか?

それは「辞めてほしい」と思う前に「うまく活かす」方法を考えることです。

人は自分を大事してくれない人より、自分を大事にしてくれる人に尽くしたいと思うものです。

つまり、雇用した以上、その人の特性をうまく活かすしかございません。

そのためにはその人と関わって、その人を良く知るしか方法はございません。

それをする前に判断するのは時期尚早です。

それでは人は定着しません。

大事なことは、人をコントロールしようとするのではなく、状況をマネジメントするのです。

その人の特性を考えて目標を設定し、その目標の意味を理解させ、権限を付与します。

管理するのは人ではなく、その進捗状況です。

「あれをしろ、これをしろ」というように人をコントロールすることではありません。

人をコントロールしようとするからパワハラにつながるのです。

人ではなく状況をコントロールすることに意識を置くのです。

問題と人を切り離して考えれば指導する際にパワハラの心配がありません。

そして状況をマネジメントすることであなたが得たい結果をコントロールするのです。

そう、雇用した人のパフォーマンスが期待と違った時に、考えるべきたった一つのこととは、

人をコントロールしようとするのではなく、状況をマネジメントする!

ことです。

最後までお付き合いいただきありがとうございます!
あなたの一日が素晴らしい日となりますように!

本日も一日感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク