最近よく耳にする「成年後見制度」とは

後見制度相談イメージ

あなたのご訪問に感謝です!
筋トレで筋肉痛の群馬県の社会保険労務士 大河内です!

久しぶりに調子にのってダッシュやももあげをしてみたら下半身に違和感が・・・、年です。

さあ、本日もアウトスタンディングで参りましょう!!

 

地方も都会も同じなのでしょうが、若者を見かけないせいか地方の方が実感としてより高齢化を感じます。

保険や年金の手続きで訪問する、地域包括支援センターの職員の方にお話を聞くと、高齢の方の財産の管理が心配だと。

そのために利用されるのが「成年後見制度」です。

 

■スポンサーリンク

 成年後見制度とは?

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方は、
例えば

  1. 不動産、預貯金など財産の管理
  2. 介護サービスや施設への入所に関する契約
  3. 遺産分割の協議

などの行為が難しい場合がございます。

さらにニュースでよく見る、悪徳商法への対応です。

つまり自分に不利益な契約であってもよく判断ができないために結んだ契約への被害の対応です。

このように判断能力の不十分な方を保護し、支援するのが成年後見制度でございます。

制度の種類

成年後見制度には2種類ございます。

法定後見制度
法定後見制度は家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。法定後見制度はさらに「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれます。判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べます。
任意後見制度
任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。これにより本人の意思にしたがった適切な保護・支援をします。

 具体的に何をするの?

大きく2つございます

身上の監護と財産管理
本人の預貯金の管理や不動産の売買などの財産管理。介護事業所との契約などに関する法律行為を行います。あくまで法律行為に限られ、食事や介護などの事実行為は介護事業所等が行います。
法律行為の同意及びその取消
本人が契約などの法律行為を同意することも取り消すこともできます。同意すればその法律行為は有効となり、取り消せばその法律行為は初めにさかのぼってなかったことになります。

どっちがいいの?

任意後見制度は、「今は元気でなんでも自分で決められるけど、将来は認知症になってしまうかも・・・」という不安を感じている方が、将来を見越して事前に公証人役場で任意後見契約を結び、認知症かもと感じたときに家庭裁判所に申し立てをして任意後見監督人の選任をしてもらいます。

契約時に当事者間で合意した特定の法律行為の代理権によって支援するので、同意権・取消権による支援はございません。

しかし、任意後見契約では任意後見人を誰にするか、どこまでの後見事務を委任するかは話し合いで自由に決めることができるというメリットがございます。

※任意後見監督人:本人が選んだ任意後見人がきちんと仕事をしているかチェックする人のこと

法定後見制度は、すでに判断能力が不十分になっているので、任意後見契約のように契約によって依頼することができません。

そこで、法律がそのような役割を担う人を決めます。これが法定後見制度です。

法律により、支援者を定めることにより法定代理人になるため、こちらは同意権、取消権がございます。

まとめ

このような制度ができた背景にはやはり核家族化が原因でしょうか?家族が居れば家族が面倒を見れますし、でもその家族も信用できないときもございます。

さらに悪徳業者も出てきて・・・、モラルの低下でしょうか?

なにわともあれ、少しでも不安を感じたときは、お住いの市区町村にございます、地域包括支援センターでお尋ねになれば、介護の助言、高齢者の権利擁護など相談にのっていただけます。

地域包括支援センターは市役所で教えてくれます。もしくはこちらへご連絡下さい

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

あなたの一日が素晴らしい日となりますように!

本日も一日感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク