15年振りでも変わらずおいしい 柳麺ととや!【群馬グルメ】

あなたのご訪問に感謝です!
最近のマイブームはラーメン!
群馬県の社会保険労務士 大河内です!

さあ、今日もアウトスタンディングで参りましょう!!

最近、知り合いがラーメンにはまっております。休日のたびにどこか食べ歩きしていて楽しい様子がLINEに流れてきます。そこに「柳麺ととやナウ!」とございました。

■スポンサーリンク

 移住で困るのは味の違い!

プロフィールのように私、京都から群馬への移住組でございます。

移住で困るのはなんと言っても食事です。

例えば焼肉定食を頼むと私の地元京都では牛肉ですが、こちら群馬では豚肉です。ネギを買っても京都では緑の部分が長くておいしいけど群馬じゃ白いが長くてそこしか食べないとか。

そんな違いから始まり、大きく異なるのが味付けです。私が考えるに、関東は醤油ベース、関西はダシベース。群馬に来た当初、噂には聞いておりましたが、うどんを頼むと真っ黒でビビりました。

田舎イメージじゃあチェーン店で!と言いたいところですが、それもございません。なにせ自然を求めてきたのですから。

そのため休日になるとこれまた移住組の友人と雑誌を片手に街におりてラーメン店巡りをしておりました。なぜラーメンか?それはラーメンなら関西、関東関係ないからです。

そんなとき、一番はまったのが「柳麺ととや」でした。濃厚魚介系のスープのストレート細麺、そして味付け半熟玉子にチャーシュー、カイワレにネギ。それらが美しく盛られて出てきます。見た目の美しさだけではなく、鰹油の香りとコク。

それから仕事が早く終わった日は、片道1時間半、ときには2時間かけて食べに行ったものです。月に8~10回ほど。

 なぜ15年ぶり?

この柳麺ととや、昼間は交通量がある場所なのですが、夜は交通量がぐっと減ります。だからお客さんは夜よりランチの方が多いようです。

そんな中、仕事終わりに訪問するのいつも夜。なので客も私だけということがよくございました。だから顔を覚えていただいたんでしょうね。

ある時、「これ今度これを店に出そうと考えているんですけど試食してもらえますか?」とだされたのがチャーシュー丼。とてもおいしくいただきました。

ただ私、個人的にお店の常連というのがいやなんです。自分の好きなお店という言うのは例えて言うならそこに座禅をしに行くような感覚なのです。提供されたサービスを通して理解しあうような。

例えが難しいですが、言葉で直接伝えるのではなく、お互いに信じているので言葉で語る必要がないという感じです。映画でよく見る、寡黙なバーテンがいるバーみたいな感じです。

だから常連さんと思っていただけるのはうれしいのですが、距離を詰めすぎたと感じた私はそれ以来足を向けることはございませんでした。場所も「柳麺ととや」を目的にしないと通る道路ではございませんでしたので私の記憶の片すみ追いやられておりました。

それが友人のLINEで「柳麺ととやナウ!」と、私の忘れた記憶をよみがえらせてくれました。あの店あるんだ!と。この15年の歳月を振り返りたくさんのことを思い出しました。そして久しぶりに食べてみたいと。で用事のついでに少し遠回りをして訪れたのです。

ととや 外観

 やっぱりおいしい!!

店もまんま、券売機もまんまです。変わったことといえば、店員さんがいらっしゃったくらいです。

昔は店長一人でやっていたのですが、おかげでラーメンが出るのが早っ!だって店長作るの専門ですやん!

食べながらこの15年間のことが思い出されます。

自分が大事に思っていたお店が残っているのはうれしいものです。ここに来ると群馬に来た時の初心に戻れる気がします。丁寧に作り続けてこれだけの年月、この店を守り続けた気持ちをラーメンを通して感じながら食します。

私もお客さんにそのように思ってもらえるよう、良いサービスを提供しないと、との思いを噛みしめながら。だからスープも最後の一滴まで飲み干します。「ごちそうさま!」とお礼を言って店を出ました。奥から店長が出てきて笑顔で「ありがとうございました!」と言って下さいました。また来ますよ!店長!

柳麺ととや チャーシュー麺【チャーシュー麺大盛り】

 お店情報

関連ランキング:ラーメン | 上泉駅片貝駅赤坂駅

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

あなたの一日が素晴らしい日となりますように!

今日も一日感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク