ムチはおもいっきり振り下ろそう!

あなたのご訪問に感謝です!
先輩社労士との食事でやる気満々の
群馬県の社会保険労務士 大河内です!

さあ、今日もアウトスタンディングで参りましょう!!

経営者は当然に従業員に指示を出す必要が出てまいります。これは一人で仕事をする方も同じでパートナー業者に指示することもあるでしょう。

弱気な指示

指示をする際、通常は
「○○していただきたいのですが・・・・・」
「今回はこの条件で進めたいのですが・・・・」
と話すかと存じます。

しかしながら時と場合によってはこの物の言い方が丁寧さではなく自信のなさとして相手に伝わる場面も出てまいります。普段丁寧なのは非常に大切ですが、相手も迷っているようなときに「○○していただきたいのですが・・・」と言うと、相手の不安をさらにあおることになります。こんな弱気な指示の時は自分でも迷いがある場合が多く、迷いがあるような指示には誰も本気で耳を傾けません。緊急事態を乗り切れません。

一度上げた鞭は思い切り振り下ろせ!

しかし、相手に動いてもらいたいとあなたが真剣に思っているならそんなときは「M」として振舞うのではなく「S」としてムチを握らなければなりません!「○○して下さい」「今回は是非この件で進めさせて頂きたい」と言うように。人に指示を出したり、お願いしたりするときは「その辺は適当に・・・」ではなく「いついつ迄に」「何分で」「いくらくらい」というように出来る限り具体的に指示を出し、語尾を明確にして、言い切ることが重要です。あくまで聞いた話ですがSMにおいて鞭は思いっきり振り下ろすと「ピシッ」と音はすごいですが、意外と痛くないそうです。それよりも迷いにより中途半端に振り下ろされたほうが痛いそうです(あくまで聞いた話ですので)。つまり指示を出したり、意見を出すときは迷いを持たず、一旦 ムチを握ったら最後まで思いきりムチを振り下ろす。そしてあなたの用意した結論に相手を確実に追い込むことが大事!中途半端な言い方ではふられたムチで体は痛く、気持ちは重く感じるものです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

あなたの一日が素晴らしい日となりますように!

今日も一日感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク