準備は大丈夫? 同一労働同一賃金!

あなたのご訪問に感謝です!
人事・労務を通して地域産業の振興に貢献する
群馬県の社会保険労務士 大河内です!

さあ、本日もアウトスタンディングで参りましょう!!

定年再雇用者の賃金減額について争っている長澤運輸事件の弁論が行なわれ、2018年6月1日に判決が言い渡されることとなりました。

また同様に同一労働同一賃金が論点となるハマキョウレックス事件の最高裁弁論も実施。

そして、働き方改革関連法案も何としても成立を目指すというのが政権の方針です。

これまでは労働時間の上限規制ばかりに目がいっておりましたが、同一労働同一賃金の方が圧倒的に影響が大きくなることが予想されます。

ただでさえ、区分し辛い仕事を区分しなくてはならなくなります。

とはいっても、同じ働き方をしていて、賃金が異なるのは誰がどう考えても理不尽なこと。

きちんと情報を開示したうえで、契約を結んだのなら納得ができますが、そうでないならもやもやするのは当然です。

今の世の中、全て説明責任と納得性。

給料の違いはこういう理由です、ご納得いただけますか?ということをきちんと説明できることが大事です。

人材確保のためにも、すっきりと気持ちよく働いてもらうことが大切。

そのための納得性。

そうして、働き方を選択できるのが本当の意味での働き方改革ではないのでしょうか?

6月1日に長澤運輸事件の最高裁の判断がなされます。

どの様な根拠に基づき、どのような結論を導くのか、注目。

大きなウェーブになる前に準備を進めておくことが得策かと存じます。

感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク