パソコンが突然故障!修復に必要なたった一つのこと!

ストレス

あなたのご訪問に感謝です!
人事・労務を通して地域産業の振興に貢献する
群馬県の社会保険労務士 大河内です!

さあ、本日もアウトスタンディングで参りましょう!!

PCって、ある日突然動かなくなりませんか?

ハードディスクの時は、ディスクが回転しているので異音やら何らかの予兆があったのですが、SSDになるとそれも全くなく、突然「ハードディスクが読めません」的なエラーが出ます。

windowsは当然立ち上がりませんし、もちろんセイフティーモードでも立ち上がらなくなります。

私、めちゃくちゃ焦りました。

「大事なデータがっ!」

でも、すぐ気を取り戻しました。

なぜなら常時、NASにバックアップを取っていたからです。

1.読めなくなったHDを取り外す
2.定期的なPC入れ替えにより使わないPCから取り出しておいたSSDに交換

あとは、バックアップデータを復元するだけです。

私が使用しているのはこちらです。

Synology DiskStation DS216j

これにWD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Red NAS用を2枚差し。

昔は、1週間に1回、週末に手動でバックアップしていたので、何か月もその作業を忘れて気づいて後の祭りということがあったのですが、現在は1日1回は自動で丸ごとバックアップを取っていますし、さらに、常時バックアップを取っているうえに、そのバージョン管理も行っているのでいつの時点にも戻すことができます。

便利になりましたよね。

私は使うだけですが、これを考えた人は天才です!

最初の設定だけが大変ですが、一度設定してしまえば放ったらかしで自動でバックアップをひたすら取り続けくれます。

急いでファイルを操作しているときに、「名前を付けて保存」するのを忘れて、変更したものを「上書き保存」してしまうことなんてございませんか?

そんな時でも、例えば、10分前のバージョンにアクセスしてそのファイルをダウンロードしてくればいいだけです。

2枚刺しているので1枚壊れても大丈夫。

またこのsynologyはHDDをUSB接続することができます。

私は、2枚とも壊れた時を考えてUSB接続したHDDに毎日0:00時にバックアップを保険として設定しております。

また最近はネット環境もいいので、外出先からNASデータを操作することも可能です。

私の場合は写真データはNASに置いておいて帰郷の際、写真上映会をよくやります。

今回はせっかくなのでフルリストアではなく、windowsやドライバー類をクリーンインストール。

そして、必要なソフトとデーターだけ復元することにいたしました。

まとめ

PCの危機管理について大事なことはひと手間です。

一度システムを構築してしまえば、それを意識することはございません。

最も困ったときに、そのひと手間が効いてきます。

まあ、これもデータをいっぱい飛ばして痛い目にあってきたからですがWww

昔のアルバムをスキャンしてバックアップを取るのを失念している間にハードディスクが飛んだり。

機械は必ず壊れます。

特に、このご時世PCが止まると、何もできません。

データー類はすべてPCに預けいるからです。

もし、「ハードディスク」が壊れたとき、「バックアップ用のハードディスク」があればすぐに復旧することができます。

この、対策には、手間と多少のお金はかかります。

しかし、「大事なデータ」を失うことを考えれば必要な投資。

今後ますますIT化が進む中、こうすることはPCへの理解を深めることにもつながります。

私の周りでもITを非常に苦手とする方もおりますが、そんな方でも車の構造は知らなくても車は運転できます。

PCについてもそれと同じです。

壊れてから、失ってからでは遅いことがたくさんございます。

これは、企業のリスクマネジメントへの姿勢にも通じます。

パソコンが突然故障!修復に必要なたった一つのこと!

それはバックアップです!

当たり前ですが、実行してるでしょうか?

まずは、PCのリスクマネジメント、やっておいて損はございません、是非!

感謝です!

The following two tabs change content below.
大河内延明
群馬県の社会保険労務士です。 お客様の思いを理解し価値あるサービスを提供致するため日々奔走中。企業と職場の明日を支えるため、人事、労務管理、給与計算、助成金、障害年金、立入検査、介護事業所の組織、処遇改善に秒速で対応しながら一度切りの人生を日々ズバ抜けた状態で過ごすためにブログを書いております。 詳しいプロフィールは こちら
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク