労務、人事、就業規則、給与計算、障害年金、助成金申請、立会検査、介護事業所の労務管理、処遇改善加算等でお困りならまず相談!

助成金

助成金

「新規事業」「雇用」「教育」などの際に助成金が活用できる場合がございます。助成金に関する情報は案外知られていないことが実情です。それは助成金の制度や要件が頻繁に変更されることが要因の一つです。さらに受給には計画または申請段階での要件等の確認、受付窓口への出向など、多大な時間を要します。それに、助成金は申請すれば必ず受給できる、というのもではございませんので、多くの時間を費やしたうえに不支給となるということもございます。そのため助成金に関し、専門である社会保険労務士にご依頼いただくことで、適切な助成金の情報と申請に必要な対応時間の削減、さらに受給につながる可能性が高まります。

助成金需給の可能性がある場合

・社員の新規雇用
・高齢者の雇用を継続した
・社員の能力開発を行った
・子育て支援の制度を導入した

などのお心あたりがございましたら計画段階でご相談下さい。

助成金を受けられない場合

・賃金台帳、出勤簿、就業規則等の法定帳簿が整っていない
・会社が雇用保険を適用していない
・雇用保険に加入すべき従業員が加入していない
・労働保険料を2年を超えて滞納している

受給要件を満たす必要がある為、必ず受給出来るとはかぎりませんが、新たな雇入れや雇用の維持を検討されてる場合は、ぜひ計画段階でご検討下さい。

助成金申請サービスの流れ

まずはお客様の状態に最適な助成金を選択し、受給の可能性について診断させていただきます。受任契約ののち書類の作成、必要書類の確認、適応要件の確認、申請窓口への提出、行政機関への説明など煩雑な手続きは当事務所が代行致しますのでご安心下さい。申請手続完了後、行政機関による審査が行われます。審査の内容によっては追加書類等、行政機関への対応が必要な場合もございますので予めご了承ください。審査終了後、支給決定通知が届き、助成金が指定口座への振込まれます。

助成金フロー表

具体的な助成金について

ここでは具体的な助成金について一部ご案内いたします。

特定求職者雇用開発助成金

高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる場合
助成額:30万円~240万円

キャリアアップ助成金

1.正規雇用等転換コース
有期契約労働者の正規雇用等への転換、または派遣労働者の直接雇用化を実施した場合
助成額:15万円~

2.人材育成コース
有期契約労働者等に対して職業訓練を行う場合。
助成額: 賃金助成 1時間あたり500円
訓練経費助成 7万円~

助成金は種類も多く、また国の予算状況により変更が多いため詳細は当事務所までお問合せ下さい。

助成金サービス 費用

内容 料金
各種 助成金 成功報酬 助成額の15%~20%
(支給額が150,000円以下の場合は30,000円)

※費用は目安とお考え下さい。当事務所との契約により異なります。。

wordpress-tel
PAGETOP